文通欄[2018]

今回:2018年度〜12月23日
次回:お返事ができる場合は『おしらせ』マガジンに追加します。


いただいた順番で並んでいます。
サポートに添えられていたメッセージへのお返事です。


Yahoo!の読み放題でお母さん二人いてもいいかな を読んで所々で心を掴まれたような感覚になりました。これから他の作品も読むのが楽しみです。

ar***さんへ
 心を掴まれる感覚は、きっと、私の好きになった女性はとにかく素敵な人だし、その人との素敵な瞬間は私も心掴まれた感覚になるので、私もar***さんと同じような感覚を知っていると思います。ありがとうございます。
 あと、Yahoo!で読み放題あるんですね。配信先の電子書籍サービスを網羅できているわけではないので、ご感想いただいた時に、「あ、そんな読み方できるのか!」って初めて知ったりします。


はじめまして、いつもマンガ読ませていただいてます。先生の描かれる絵柄がとても好きです。これからも素晴らしい作品を描きつづけてくださることを願ってます!お体気を付けて頑張って下さい!!!

gy***さんへ
 絵柄って私のマンガが生まれつき持っている顔立ちみたいなもので、生得的で、「外見的にマジで嫌い」って思われたらもう出会いが無に帰るような要素なので、絵柄を好きでいてもらえるの、とても安心します。
 とは言え、画力の成長過程で変わってしまうこともある要素ではあるので、練習しながら、なるべく長いこと好いてもらえる絵柄を維持したいなと思っています!


ネット環境のトラブルの件、お疲れ様でした。 少額ですが何かしらに用いていただければ幸いです。

ko***さんへ
 頂いたサポートはそのまま日記マンガの制作予算プールに入れました!日記マンガは無料公開が基本で売上が出ないもんですから、こうやってサポート頂いた予算で時々回しています。ありがとうございます!
 こういうことがあって、つくづく「ネット環境に依存している働き方なんだな…」と痛感して、何かネットと関係ないところでも念のため働き口を増やそうかなと思って求人サイトを見ようとして、もちろん繋がりませんでした…。


1巻2巻を電子書籍で購入し、とても面白く楽しませていただきました。どちらの雑誌で連載しているんだろう、早く続きが読みたいと思っていたら巻末にてノートで連載と知り、すぐに購入に参りました。ノートでの連載も電子書籍での続刊も楽しみにしています。

bo***さんへ
 読み終わった後に連載にも気づいてもらえたら嬉しいな…という一心で真面目に広告ページを作って挟んだので、こういうルートでお越しいただけて、ああ〜!きちんと案内しておいて良かったー!と嬉しいです。
 昔は雑誌連載していた頃もありましたが、私の力不足もあって不人気だったり、或いは、雑誌で書くとどうしても会社側の皆さんの要求が私が作っている漫画の世界に入ってきますから、そういう制作環境にも限界を感じたり、いろんな理由で今はnoteで気ままに描いています。
 雑誌のような読みやすさや派手さはないですが、またお時間ありましたら、スマホか何か、生活の隙間で遊びに来ていただけると嬉しいです。


こんにちは。「D-O-G.」をはじめ、各作品の続き、ゆっくりお待ちします。

ko***さんへ
 こんにちは!大本命連載なのに一番鈍足(鈍腕?)な「D-O-G.」お待ち頂けてありがたいです。もうラストまでほとんど全部決まっているのですが、このペースだとあと何年で描き終えられるんだ…?と自分でもヒヤヒヤしておりますが…頑張ります!!


初めまして。いつも楽しく読ませていただいてます。 小生、今年の初めからフリーランスになったばかりのカメラマンの者です。 先生の漫画はIKKI時代から読んでおりました。 貧乏すぎて自殺しようかと思っていたのですが、生きる勇気をもらえました。これからも応援してます!

pe***さんへ
 貧乏すぎると、「死のうかな」って思いますよね。それはべつにお金への固執とかじゃなくて、フリーランスで貧乏(=お金になってない→仕事がうまくいってない可能性がある)っていうは自分の存在意義にも関わりますし、存在意義の認識は自己肯定感、ひいては精神的な健康バランスを保つにも重要かもしれませんし、世の中が、医療も教育も労働環境の整備も金銭授受ありきで回っていて、お金があるところに働き方や精神的な余裕も生まれやすいことを考えると、お金って生命線だし、精神的な健康に必要だなって思います。お金がすべてじゃないっていうのは、お金の余裕がある程度以上ある時に思えばいい高尚なことであって、貧乏ってキツイですよね。
 大好きだった古巣のIKKIも、出版不況というお金のむずかしさのなか終わってしまいました。私が凄いヒットを飛ばせるような作家だったら良かったな、なんて思いながら、IKKIに限らず、かつて私が描いていたことのある消えていった雑誌のことを思うと苦しい気持ちになります。
 フリーランスになったばかりとのこと、大変なこともありますがお互いに頑張りましょうね。


新作まだですか?

ブロ***さんへ
 こんな怖いメッセージついてるのにサポートくださるって凄い…なんか、飴と鞭ですね…。か、描きま…描きます…。テキストだけじゃダメですか…?マンガのほうは既に動いてるやつで手一杯でさすがに新作には手が回らなそうで…。


前うっかり聞いた気がする

majoccoちゃんへ
 安心して。きみには聞かれてないよ。

(※『1日で絶対に漫画が仕上がるマンガ教室」の先生をやっている雑感』という記事の冒頭に「儲かるかどうか質問するならジュース1本分で記事売るからごちそうしてくれ」的なことを書いたら、イラストレーターのmajocco氏が「前うっかり聞いた気がする」って、記事代金以上に身銭を投じてくれたという、生真面目すぎるエピソードです。)

 majoccoちゃんが臓器を売る未来におびえながら金欲しさにFXに手を出す実録ノートのリンクを貼っておきますね。ビビりすぎて全然何も起きないところがいいなと思いました。


いつもセリフに殴られております。ありがとうございます。

さと****さんへ
 いつもありがとうございます。読んで頂いて、感想頂いたりして、私がさと****さんのお名前覚えてからもう随分長いこと経つ気がしますが、そんなことないですか?
 いつの間にか三十代になって、もういよいよ「丸い感覚を持った大人になりたい…!!」なんて思うこともあるこの頃…。読んだ人の感覚を殴ったり引っ叩いたりセリフだけじゃなくて、ハグしたり握手したりワクワクウキウキするようなセリフもそろそろ書けるようになりたいものです…!(笑)
 …みたいなことを言いながら、もとの作風ってなかなか抜けない(らしい)ので、結局たぶん、読者さんから「殴られたような気持ちになった」と言われるシーンやセリフを描けること自体にも相変わらずやりがいを感じていくんだと思います。


D.O.G. 大好きです。

y*さんへ
 表示された「購入額: 10000円」というのを見て、ビックリして本当にちょっとガタガタしました。大きな額面のサポートを頂くといつも「何かお礼をしなければいけないのでは?」という気持ちになって、「でも、どこからが高額?どこまでがお礼をしなくていい範囲?」「前に10万円サポートしてくれた人には特別なお礼を送ったりはしなかったけど、1万円サポートしてくれた人にお礼をした場合は、10万円の人には何をすれば??」みたいな考え事になって、どうするのがいいのか悩んだまま、サポートして頂いたお金はそのまま『D-O-G. 』の予算を入れてある口座に回して、オマケ漫画の制作費に充てることにしました。
 まだ制作中なのと、本編がそのオマケ漫画を公開して差し支えない部分に未到達なので公開まで少し掛かりますが、いただいたサポートで生まれた原稿によるオマケ漫画が『D-O-G. 』(2)の記事に収録される予定なのでお待ちくださいね。


noteで全話、電子書籍2巻買いましたが、早く単行本(電子ではない)が出ないかなと思ってます。もちろん買います。 私自身ビアンなので、色々考えながら読んでいます。 彼女さん達と先生の未来が明るくありますように 追伸 ますみさん美しすぎます中身も含めて最高です

ne***さんへ
 ありがとうございます!紙の単行本はいろんな出版社さんから単行本化のお申し出はあるものの、出版社から出るということはつまり、その出版社の商品になって会社からのコントロールをある程度受けることになるため、どうしても漫画全体や登場する彼女たちへの負担が大きく、なかなか実現できずにいました。
 とは言え「紙版を!」というご要望も多かったため、同人誌として印刷しています。1冊ずつの受注生産なので出版社の漫画のように大量印刷で低コスト化できていませんが、よろしければご利用くださいませ。

 1巻の表紙はもちろん!…みんな大好き、万寿美さんです。


いろんなところから新作を探してます 見つけました笑っ これからも描き続けて下さい ゆっくり待ってます

te***さんへ
 もっと探しやすいようにホームページなどで情報を整えねば…と思っているのですが、なかなか至らず、申し訳ないです…。来年は情報整理と情報更新をもっと頑張りたいです…!
 そして、「ゆっくり待ってます」という温かい応援、ありがとうございます。「早く届けたい!」が本音ですが、生活の合間合間に制作しているとなかなか理想に追いつけないので、そう言って頂けると安心します。


すてきな作品たちをありがとうございます。

ハ*さんへ
 作品“たち”って、擬人化したような言い回しだと思うんですが、私は、手前味噌みたいでお恥ずかしい話なんですけども、これまで描いた原稿が子供みたいに可愛くて可愛くて(至らないところや出来の悪さもありますし、愚かで不格好だったりもしますが…)、それでいて自分のお姉ちゃんたちのように頼もしくて私の心や生活をいろんな角度からしっかり支えてくれていて、原稿が、なんとなく人のような存在に思えているので、「作品たち」っていう呼び方とても好きです。ありがとうございます。


心に刺さる台詞回しに、毎回悶絶しています。心から応援させていただきます。

カ**さんへ
 ありがとうございます!
 …でももしエッセイの感想なら、実際に彼女たちが言った言葉なので、優れているのは私の創作能力ではなく、彼女たちの言語感覚ですよ!


面白い作品をいつもありがとうございます。

4r***さんへ
 私の描いたマンガたち、文章たちが、なるべく長い間『面白い作品』のままいられるように頑張りたいです。ありがとうございます。


電子書籍で読ませていただいていて、どの作品もすごく好きで、ここまで辿り着きました! もっと中村珍さんの作品がたくさん読みたいです。 これからも応援してます。 素敵な彼女さん達との素敵な毎日も応援しています!

24***さんへ
 素敵な彼女たちは一体何を間違えて私なんかと付き合ってしまったんだ…という本音があるので、私と付き合う選択をしてくれたことには感謝しつつ、やっぱり「もっとマトモであなただけを生涯愛し抜く誰かと必ず一緒になってくれ!!!」とは願わずにいられません(笑)
 だから、素敵な彼女って言われるのが(私の持ち物・アクセサリー的な彼女としてではなく、私自身も「なんて素敵な人なんだ!」と思っているので)凄く嬉しいし、「そうですよね!?彼女たちめちゃめちゃ素敵ですよね!?」って凄く共感します。
 ご愛読、応援、ありがとうございます!


激しく同意したので支援しました!

も**すさん
 この記事の公開後、周囲の作家さんたちから「実は出し方が分からなかった」「当事者じゃないのに出していいのか悩んでいた」というお話を聞きました。デリケートな分野ですし、書き方・出し方を習う機会があるわけでもないですから、言われてみれば確かに、どう出したものか悩むのも当たり前か…と思ったりして、こうやって大きな声で意見を表明してみるのも大事なんだな…と改めて感じたりしているところです。ありがとうございます!

(『物語に〈同性愛者〉が出てくる《必然性》なんか無くていい』の記事に頂いたサポートとご感想です。) 


「D-O-G.」更新ありがとうございます。彼女達のように、どんなに色んなものを奪われても、離さない大切なものを選べるような人間であるのだろうか、と読んでいて感じました。

ko***さん
 すごく『D-O-G.』を大事に読んでくださるko***さん!まだ話数が浅いのにそこまで読み取って頂けるの、とても嬉しいです。
 あの子たちは奪われることが当たり前になりすぎていて過酷な中に居る自覚は鈍麻しているものの、「何を奪われてもこれを失うわけには」という事への敏感さはしっかり残っているので、勝ち取れた取捨選択と、選べないどうしようもなさ、それぞれの間で揺れる姿を描いていけたらと思っています。


大好きです。

sa***さんへ
 なんと、私も私のこと大好きな人のこと大好きです。


いつもありがとうございます

なび**さんへ
 こちらこそ、いつもありがとうございます。「いつも」って書いてくださるということは、私もまたいつもお世話になっているのだと思います。


応援しています。 キューズモールのマクドナルドによくいるので、いつかお逢いできたら嬉しいです。

ここ***さんへ
 マクドナルド…隣りですよね。はなまるはフードコートがほどよく空いていて座れる時(しかし私一人だけがポツンと座っているわけではない絶妙な時…)しか食べないので、混んでる時はマクドナルド買って帰ることもあります。(でも、食料品売り場でスーパー大好物である鳴門屋製パンさんの東大阪ラグカレーとみかパンだけ買って帰ることのほうが多いです。)
 …ただ、ここだけの話ですが、実は3階の丸亀、ビビンバ、モスに浮気していることのほうが多いです。上のほうが座りやすいので…。
 ちなみにアベーノアベーノの仲間は、「ITからUFOまで知識の泉。/理屈っぽさで、ボケ殺しなんかも日常茶飯事。」というキャラ説明が公式で出ている緑のソクラテスが一番好きやねん。心は東日本に置き去りやから大阪に入り浸るようになって3年するけど関西の言葉は全然喋れへんし、大阪に入り浸っといてアレやけど京都弁のほうがかっこいい、覚えるなら絶対あっちや思ってますねん。
 私にとってなんの得にもならへんけど、ほんまに好きやから鳴門屋さんのホームページ貼っとくわ。


単行本で読んでいました。続刊が待ちきれずこちらのサイトの存在を知りました。

ki***さんへ
 ああ…「続刊が待ちきれない」って大好きな言葉です。単純に収入面でも連載からの売上が一番大きいというのはあるんですが、そういう問題じゃなくて、やっぱり、「待ちきれない」って思ってもらえるのって漫画家やっててよかったなと思う瞬間の一つです。「好きだけど待てる」も有難いですし、単行本だけでも読んでもらえたらそれは嬉しいんですけど、やっぱり、「待てば読めるけど待てなかった」って、すっごい嬉しいです。ありがとうございました。


「D-O-G.」の更新、ありがとうございます!

 ko***さんへ
 読んでくださってありがとうございます!「誰か待っててくれる」「あの人は今回も読んでくれるかな」っていう気持ちでマンガを作れるのはとても幸せです。


性的「指向」と「嗜好」をごっちゃに使っている方が散見されるのでもやもやしていました。どうもありがとうございました。性的指向はなく嗜好はあるアセクシャルより

mf***さんへ
 よく昨今よく話題に挙がる“LGBT”の文脈で「全部のセクシャリティを当事者目線から解説してください」という頼まれごとをすることがあります。でも結局私はLの当事者でしかないので、「いや、LGBTの当事者に私がいっぺんになれることはないんですよ」なんて説明を添えて断る事があります。
 私がアセクシャルについて身を以た当事者目線で解説できないように、多分、セクシャリティについてマジョリティの皆さんも知る機会もなくて分からないだけなんだろうな、多くの場合は悪気がないんだろうな(ないといいな)とは思っているんですが、それにしても混乱した表現や混同が多いので、書くに至りました。
 辞書的な意味と、私の狭い観測範囲と、“Lであり女性である私”の感覚、…しかソースがないので「他のセクシャリティの方から見たらどうなんだろう?」という不安だらけの記事だったので、そう言って頂けて少しばかり安堵しました。多くを網羅できた記事ではないので、もっと上手く伝わる表現を引き続き模索していきたいと思います。ありがとうございました。

(『至高のあなたは指向の都合で恋愛対象、嗜好に正直な生活をして死ぬまでラブラブ志向!!! 』の記事に頂いたサポートとご感想です。) 


おすすめのマンガひとつだけ教えて!とだれかに言われたら、答えは羣青です。

so***さんへ
 嬉しいです。でも、マンガは食べ物や、趣味を一緒に楽しむ仲間や、悩み事を相談する友達を選ぶことと似ているので、他の瞬間に、自分の心や人生や趣味にピッタリ寄り添ってくれるマンガを見つけた時は、私の目は気にせず、私にこれを送った過去は気にせず、「おすすめのマンガひとつだけ教えて!と言われたら」って他のマンガのタイトル答えてくださいね!


絵も、それぞれの気持ちを表現する言葉達もだいすきです。2巻までコミックスを買ったので続き購入させていただきます!

ま**さんへ
 もっとハイペースでコミックスをリリースできれば(なんか韻を踏んだみたいな文章になってしまいました…)不便をかけたり待たせたりせずに済むのですが、ドカンドカンと新刊を出せるほどには人手と予算がないので、お待たせしきりで申し訳ないです…。引き続きお付き合いいただけたら嬉しいです!


更新を楽しみに日々の仕事をこなしています! 暑いですが身体に気をつけてがんばってください!!

so***さんへ
 夏、暑かったですね。暑くて嫌だ嫌だ思いながらパソコンから排出される熱にウンザリしつつ働いていたら、今度は寒くてパソコンの液晶がなかなかつかない季節が来てしまいました(笑)寒くなりましたね。
 マンガを描くことは大好きで、でも、“長時間座って原稿にかじりつく”という行動自体は大変なので、「はぁ、仕事か…嫌だなぁ…もっと寝てたいよー」なんてダラダラしたことを思う日もあるんですが、私のマンガを日々の仕事の合間の娯楽にしてくれている人もいるんだなと思い直すと、やっぱり元気出ますね!!ありがとうございます!そしてお仕事で稼いだお金を購読料だけじゃなくてサポートにまで回してもらっているんだと思うと、気持ちが引き締まります。年末年始も元気に働くぞー!!


D-O-Gの絵柄が大好きです 躾田姉妹かわいいです

me***さんへ
 わ、わかってくれます…?そうなんですよ、躾田姉妹はかわいいんですよ…。強そうとかかっこいいとかっていう感想(※それもそれで非常に嬉しいです!)が主流ですが、私にとっては躾田姉妹は「かわいい」の対象なので、同じ趣味の人が居て嬉しいです…。


レズと七人の彼女たち大好きです!応援してます!

mez***さんへ
 な、なんと…。『D-O-G.』に1000円もサポート頂いたあとに、『レズと七人の彼女たち』にも同額のサポートが入ってビックリしました。ありがたく制作費に回させていただきます…!
 躾田姉妹が好きな人からは「(外見的な理由で)万寿美さんが好き」という感想をよく頂くんですが、やっぱりそうですか?

先生のマンガ、好きです。大好きです。

や*さんへ
 私のこと好きって言われるより、私のマンガを好きって言われるほうが、「頑張ってきてよかった」って仕事の遣り甲斐を深く味わえて好きです(笑)ありがとうございます。(…ところで、多分人違いじゃないと思うんですが、私の知っているや*さんで合っていますか?だとしたらこうしてマンガを好きと言って頂けるのも、もうすぐ10年来になるのか!と感慨深く、よくこんなに長い間暮らしの片隅に置いて頂けてるなぁ、と感動しています…。アカウント名を見る限り、多分私が思っているや*さんだと思うのですが、万一人違いのや*さんだったらごめんなさい。)


先生の彼女になりたい…

ゆり**さんへ
 私の彼女は大変ですよ!周りのマトモなお友達のみなさんから「あんな女癖の悪い奴やめとけ!」って絶対叱られますよ(笑)


とても素敵な作品に出会えたこと、素晴らしく思います。中村先生のようにこう…語彙力がないのでこんな陳腐な事しか言えなくてすみません…

ゆり**さんへ
 2通目ありがとうございます!最初に来た「彼女になりたい」と違う、ちょっと真面目な雰囲気のテンションで、ギャップがあって、思わずグッと来ちゃって悔しいですよ!!!(笑)


いつも楽しく拝見しております。 もっとたくさん、先生の作品が読みたいです。

ha***さんへ
 もっとたくさんお届けできるように、…とは言え生産スピードには限界があるので、細く長く、細く長く、いろんな物語をお届けできるように続けていきたいと思っています。末長くよろしくお願いいたします。


頑張ってください!

*さんへ
 頑張ります!
(漢字1文字のお名前だったので、一部伏せ字ができませんでした。読み方「あ」の、木へんの漢字のお名前の方です。)


「D-O-G.」最新話読みました。ずっと語りの言葉から感じられていたいた温かな願いが、実現する事のない未来を切り裂く刃と転ずる最後になった事に、凍るような思いを味わいました。

ko***さん
 私の頭の中で既に完結を迎えている若くて気丈な子たちの物語、少しずつですが私の思い描いたままの読後感をもって伝わっているようで、安堵しながら頂戴した感想を読みました。ありがとうございます。
 楽なことはなく苦難の中を少しずつ希望を探しながら願いを捨てないようにしながら、世界と私情を秤にかけながら暮らす日々を見守ってあげてください。(時々は、本筋から外れたあの子たちの可愛い瞬間や幸せな瞬間や温かい考え事の存在もお届けできるように頑張ります!)


久々にnote追いかけて、いまやっと7者面談までたどり着いた!!!!! やっぱりちんたますきすきってなってます!

丸**ちゃんへ
 ふぐぅ〜( ; ; )ずっと贔屓にしてくれて本当にありがとう…。おかげさまで過去作も電子書籍になったりして、あの頃からよく構ってくれてた読者さんのことを死ぬ予定もないのに走馬灯のように思い出してたところです…。丸**ちゃんとも初めてマンガの感想読ませてもらってから長い付き合いになりました。
 お互い年齢を重ねるごとに読み物や寄り添いたい気持ちは変わっていくと思うけど、年代年代に合った娯楽・暇つぶし・ちょっとした共感ポイントみたいなものを作れるように頑張ろうと思う次第です。


ライン漫画で知ってファンになりました!! 普段あまり漫画は買わないのですが、ライン漫画で単行本売ってる分大人買いしてしまいました。友人に「直接買った方がいいよー!」と教わりこちらに来ました。面白くて、思慮深くて、彼女さんに対する愛が詰まっている中村先生の漫画が大好きです!

yo**さんへ
 単行本からnoteに来てもらうのは、会員登録もあるしなかなか大変だろうな…と想像していたので、こうやって労力を割いて頂けるとほんとうにありがたいです。
 また、出版社から原稿料が出るわけではないため単行本のロイヤリティやnoteの売上を元手にコツコツと作っていますし、こうやって頂いたお金を使って身近な人たちとの生活を成立させることができるので、そうしたお気持ちを頂けること、とても有り難く思っております。(ちなみに私に限った話ですが、単行本についても手数料が非常に安い良心的な取次会社にお世話になっているので、単行本でお買い求め頂いた分もしっかり私のスタジオの運営費になっております!ありがとうございます!)
 彼女たちのマンガについては、あらゆる面において彼女たちの人格や人徳に頼りきりでお恥ずかしいのですが、暮らしの片隅で思い出してちょっと共感したりちょっと拠り所にできるような、“心の中に居る友達”みたいな登場人物を、マンガを通じてお届けできるように頑張りたいと思って居る次第です。
 ご紹介くださったご友人にもくれぐれよろしくお伝えください。


漫画のようなことが本当に起こっているのか、事実は小説よりも奇なりを地で行かれているようで、とても羨ましく拝読させていただいています。 マスミさん、ほか登場人物の方々が素敵ですね。 ほかの作品まで大人買いしてしまいました。「群青」のオンライン化も期待していています。

ny**さんへ
 たまたま私の場合は関わる人数が多かったのでそう見えてしまいますが、ひとつひとつは彼女たちの切実な毎日のことで、彼女たち一人一人が淡々と生きてきた末に口にした言葉を私が(まるでいっぺんに起きたことのように)編み上げているだけなので、ささやかに積み重ねられた時間を私が奪うようにしてドラマみたいに集めて固めてしまった副作用だな…なんて思っておりますが、それはそうと、そうなんです、登場人物の彼女たちが、そうなんです、素敵なんです!!とにかくそれが伝われば何よりです!!!
 ちなみに『羣青』も遂に!やっと!電子書籍化しました〜!

(電子版『羣青』を配信している主要電子書店のリストは試し読みのページにあります。)


初めてメッセージを書かせていただきます。緊張して、何をどう書いて良いのかわからないのですが、中村さん、どうかご自愛ください。自分の生きる時代に、中村さんがいらしてくださって、よかったです。

ku***さんへ
 大層なことができるわけではないので、身に余ることを言ってもらった時ってなんてお返事したらいいかなって悩みますね(笑)
 多分、マンガや文章を読んで頂いてる時って、ku***さんの時間を私の描いた(書いた)ものが独り占めしている状態だと思うんですが、誰かの人生の大事な断片を独占するからには、そのくらいのことを思って頂けるのが、「私の作った物はあなたの時間を無駄にしなかったですか?」っていう意味で安心できます。…が、やっぱり身に余る言葉をもらうと、たじろぎますね…!


LINE漫画で知り、単行本やAmazon電子書籍を購入させていただきました。レズと7人の彼女たち電子書籍3巻、とても楽しみにしております。気長にお待ちしておりますので、まずはお身体をご自愛ください。先生と周りの皆様の幸せを祈っております。

り**さんへ
 まだ作業完了の目処が立たないので発売のタイミングは決めかねていますが、ちょうど今月、3巻に収録する最後のチャプターを公開し終えたので、いよいよ3巻発売の本格的な準備に入るところです!もうしばらくお待ちくださいね。
 3巻の範囲からちょっとシリアスな話題も増えますが、良い時も悪い時も越えながらの彼女たちの人生なので、引き続きお付き合い頂けますと幸いです!


お体、お大事になさって下さい。

ko***さんへ
 力仕事どころか、デスクワークすらままならないなんて、つくづく何もかも体が資本なんだなぁ…と痛感した次第です。ありがとうございます。


専業主婦で自由になるお金はあまりありませんが、中村さんの早い完治をお祈りしています。 サポーターは買えるほどの額ではありませんが、マスク購入など足しにしていただけたらです。 中村さんの漫画を見て人生観変わりました。 ありがとうございます😊 尊敬しています

ま**さんへ
 家事お疲れ様です。ご家族のお世話や家計のやりくりなど、時間コストも経済コストも限られた中で私の心配までして頂いてしまい恐縮しております。本当に遠慮なく頂いたお金でマスク箱買いしました!!!ありがとうございます。
 普段、薬局に行っても「本当に箱で必要かな…どうにか数枚で済まないかな…ていうか1枚1枚長く使えば節約になるんだから贅沢では?438円か…」みたいに、なかなか大きめの箱での購入に踏み切れずいたんですが、今回は「マスク買っていいって言われたお金があるし!!!」と、大胆に踏み切って大箱を買いました!!!!


レズと七人の彼女たちに続いてこちらも購入させていただきました。 少しずつにはなると思いますが、全部購入するつもりです。 感動します。 いつも素敵なお時間をありがとうごさいます。 寒くなってきましたのでどうぞご自愛くださいませ。

i4***さんへ
 私は本当に、彼女たちに食わせてもらってるんだなぁ、と『レズと七人の彼女たち』から他作に入ってくださる方が多いので、思ってばかりのこの頃です。本作に登場する時のサツキさんは『七人の〜』の時とはテンションが異なる面・暮らし向きが異なる時期を重点的に切り取って収めているので、同じ1人の人間の移ろいであったり、心持ちの可動域であったり、「本当はこんな顔もする人だったんだ」みたいなところも含めて、読んで頂けたら嬉しいです。


しょぼい見舞いでごめん!お大事にしてくれ!!!!!!!!!

majoccoちゃんへ
 お見舞いにしょぼいも何もあるかい!!!ありがとう!!!お気持ち1円につき1本ずつアバラがくっついて、やがてとどまることをしらない私の肋骨は超回復を重ねついに4桁本のバケモノに…。


少しばかりですが、マスク購入にでも充ててください。 早くよくなりますように…!

な**さんへ
 あまり上品ではない話で恐縮ですが…実はびっくりするほど咳き込んで、びっくりするほど痰が出たりして、いまだかつてない速さでマスクが湿気って、グショ…ヘナっ…折れ…っとなりやすく、おまけに寝込んでいるので寝ている時にもヨレてしまうみたいで、凄まじい勢いで劣化してしまうので、ありがたくマスクを買い増しして、お言葉に甘えさせていただいてます。
 ピシッと新しい、清潔なマスクをいつでもつけていられるの、とても気持ちいいです。差し入れ代、ありがとうございました!


微々たるものですが、クリスマスのプレゼントとして献上いたします!!!!! 今年後厄で、下半期に色んなことありすぎて精神が疲弊しているけど!色んなことあるけど!お互い!元気に!暮らしましょう!!!! 

丸**ちゃんへ
 ちょうどなんかの本で厄年っていうのの一覧を見て「へぇ〜こんなのあるのかー」って思って(しかも1年しかないと思い込んでたから、3年連続が何回かサイクルで回ってくるって知ってビックリした…)、なんか、こう、私はいい加減な性格をしているもんだから、もう「嫌なことは全部厄年のせいにしてしまえ!その3年間は自責の念のバカンス!厄年で疲弊したみんな、全部厄年のせいだから自分を責めたりしないで休んで!」っていう気分になったりしてて、だから、色々あっても自分と向き合いすぎたり、思い詰めずにね!って思ったりしています!!!


うまく言えませんが、vol.7の後半で、自分が苦しく思っていた部分を言語化していただいたようで、救われた思いがしました。ありがとうございます。

sh***さんへ
 私は瞬間瞬間をつなぎ合わせて物語のようにしていますが、あのシーンのすべては彼女たちの人格が成すもので、私もまたそういう性分の彼女たちに救われた心身なので、sh***さんと同じように思っています。
 どの彼女のことか、あるいは全体の空気や認識のことか分からないですが、伝えておきますね。(伝えなくても、ここを読んだ時に直接気づくと思いますが。)


更新いつもありがとうございます。よい年末年始をお過ごし下さい。

ko***さん
 とても真摯に『D-O-G.』を読んでくださるko***さん…!!!
 病欠明けのタイミングが他作の更新週だったので肝心の『D-O-G.』が後追いになっていて申し訳ないですが、次の更新で躾田総長と六ちゃんの命運が大きく動き出すので、楽しみに(というテンションのマンガじゃないと思いますが…)してて頂けると嬉しいです。
 ご愛読いつもありがとうございます。


以上
(2018年12月23日午前分まで)

来期のお返事を書けた場合には『おしらせ』マガジンに追加します。

 2017年度までにメッセージをくださった方、頂いたメッセージ全部読みました。無言でサポートをくださった方、どなたがいくらくださったか全件確認しています。ありがとうございました。
 そもそも思い立った理由が、「病欠していて限られた範囲のことしかできないから」だったので、元気な時は普通に仕事や私生活に時間を投じてしまうし、恒例の行事にできるかは分からないですが…。サポートと一緒にメッセージを書いてくださった方にお返事してみよう、と思い立ち、2018年の分だけお返事しました。できれば年末の恒例企画にしたいな…と思いますが、来年の今頃どんな過ごし方をしているのか見当もつかないので、お約束はしないままにしておきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたお金は、サポートを頂いた記事の制作予算に充てられます。(記事が読切や連載終了作の場合は、新作の予算や単行本の編集料に充てています。)

すっ…スキだなんて…私もスキ…。シェアして頂けたら嬉しいです!
29

コミック無職

noteは超不人気マンガ家(中村珍)が無職になったとき「自力でweb雑誌みたいなのやって描き続けよう」と思って始めました…が、存外にうまくいき、おかげ様で今は忙しいです。犬と、ゲームと、マンガ描くのが好きです。| https://ching.tv

おしらせ

おしらせや更新情報など、コンテンツ本編ではないノートを、ここにまとめておきます。
1つ のマガジンに含まれています