インターネットに居なかった間のこと

3ヶ月ほどほとんどネットにいなかったので、「具合が悪いんじゃないか」「いよいよ死ぬんじゃないか」などと噂されていましたが、ここ数年ずっと具合が悪いのはいつものことなので置いておくとして、わりと実質的にインターネットにいられない状態になっていました。

インターネットを断ったライフスタイルの実践をしたみたいなタイトルつけちゃったけど全然そういうのじゃなくて、普通に断たれてただけです。

というわけで、秋からネット工事を予約していた(とコールセンターの人からは聞かされていた。笑)のですが、昨年12月に画業を営むために必要なパワーのあるインターネット環境を丸ごと失い、そのまま携帯だけで年越し。今年になってからやっとネットが開通しました。オンラインでの完結を前提として業務の打線を組んでいるのが常だったり、一部の機材はテザリングでネット接続できないので本当にパニックになりました。郵便もファックスも宅配便もあるにはあるけど、やっぱりネットほど瞬間的に昼夜を問わず大容量高画質の書類や画稿をやり取りできないし、オフラインで送ることを前提とした書類や画稿作りをしなければならなくなってしまったし、今まで通りの進行、というわけには行かず、楽しみにしていた案件を他の同業者さんに譲ったり、予定を先送りにして頂いたり、関係各位には大変ご迷惑をおかけしました。連動する形でnoteを含めた個人的な出版活動はほぼストップ状態になってしまって、楽しみに待っていてくださった皆さんも、申し訳ありません。

やっと余波が落ち着いて通常営業に戻りつつあるので、今週末からコンテンツの更新を再開します。ただいま…帰ってきました…。


◆他に書(描)いたもの:https://note.ching.tv/magazines

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたお金は、サポートを頂いた記事の制作予算に充てられます。(記事が読切や連載終了作の場合は、新作の予算や単行本の編集料に充てています。)

あなたが思ってるよりスキやSNSシェアの効果って大きいのよ…。
74

コミック無職

noteは超不人気マンガ家(中村珍)が無職になったとき「自力でweb雑誌みたいなのやって描き続けよう」と思って始めました…が、存外にうまくいき、おかげ様で今は忙しいです。犬と、ゲームと、マンガ描くのが好きです。| https://ching.tv

どうせすぐ流れてく -日記帳

毎日はつけませんが、色濃く憶えていることは書きます。行き場のないコラムも置いといたりします。