見出し画像

【1】「ママ母手帳」(上巻収録)

■あらすじ

新宿二丁目の片隅で拾った酔っ払いのお姉さんは、育児に疲れたシングルマザーだった。ネグレクト気味の母・サツキと、まったく大人の要求など通用しない幼い息子。“親なのにちゃんと育てない”ことばかり責め立てる若い日の主人公・私。
ギスギスしつつもダラダラ続いてしまった腐れ縁は、だんだん3人一緒に過ごす時間を増やしていく。

『ママ母手帳 -「お母さん二人いてもいいかな!?」の、これまで。』は、『お母さん二人いてもいいかな!?』の前日譚シリーズ作です。二人が出会ってから母親になっていくまでの、登場人物を掘り下げたおはなし。

■収録ナビ

この記事の内容はすべて電子書籍として刊行されています。電子書籍で読んで頂く方が安価です。
Amazon以外の配信書店:取扱書店リスト

この記事の内容は:『ママ母手帳』(上)巻に収録されています。

■シリーズ作について

登場人物の感情に焦点をあてた長編エッセイ『ママ母手帳』(本作)と、出来事を1話ずつ紹介していくオムニバス『お母さん二人いてもいいかな!?』は、テーマ・登場人物・元の出来事は同じですが、それぞれ違う場面を描いている別のマンガです。

■更 新 履 歴

・第1話(15P)2015/1/12
・第2話(24P)2015/3/7
・第3話(18P)2015/3/7
・第4話(12P)2015/3/12
・第5話(12P)2015/4/12
・第6話(11P)2015/5/12

・改訂前第2話(23P)2015/2/17|掲載終了
・番外編(21P)2015/3/7|掲載終了

■かんたんなご案内

*物語は続いていますが、この記事の更新は満了しました。
*更新ルールやお値段の仕組みなどは「総合案内」をご参照ください。



= 第1話 =



"トナくん"というのは

私の彼女の産んだ三兄弟の長男で

"もっくん"って呼んだら「ヤダ」

"なりくん"って呼んだら「ヤダ」

"もとくん"って呼んだら「なんかダサい」


仕方なく 間をとって

"トナ"って呼んだら

「ちょっとカッコイイ」って

言ってくれたから


トナくん


「トナ」「トナ」って呼ぶと

周りの人には「今風だねと」言われるけど


本当は 彼は

"モ トナ リ"くん








 










『お母さん二人いてもいいかな!?』

〜レズビアンのママ生活〜



 




 

私がトナくんと出会うのは今からだいたい

10年ぐらい前。


でも その前に



フリーランスのタマゴだった私は

売り込みをしたり

大したアテのないマンガ企画を作ったり

今よりずっと

冴えない暮らしをしていて


その日はちょうど

新宿2丁目にある広告事務所まで

営業に向かって…



……………




1時間半ほどの用事を終えて

同じ道を戻ると…








…とんでもない美人を

拾ってしまいました





美しいのは顔だけだったので

びっくりしました





立ち上がればよろけ

歩き出せば曲がり

近付けば酒臭く

植え込みあらば吐き

あまりにも心配だったので


















































= 第2話 =



「帰りたくない」って…—————

家の前まで来て何言ってんだ…


だからって

「帰したくない」…————って

言われたわけじゃないから


落ち着いて…ガッつかず…帰ろう…

そもそも私は

彼女がちゃんと

いるんだし…—————

こんな美人と…

エレベーターの外からボタンを押して
別れるつもりでした

彼女がいるのに
ノコノコついて行って
何かトラブルになったら嫌だし

けど

全然帰ろうとしないこの人が

少し気になりました

下心で気になったのもあったと思うし

ただ 気になったのもあったし

正直なんだかわからないけど

とにかく気になる人で

何か起きるかなという興味が半分

何も起きずに帰ってくれという希望が半分





彼女になんて説明すればいいんだろう

彼女になにも説明しなきゃバレないかな

「浮気などするわけがない!」

——————と思っていた私だったのに

乗ってしまう人の気持ちが少しわかった


突発的な浮気っていうのは…

なんてドラマチックなん…

少しホッとした

今度会った時 彼女に

全部話して謝ろう


ん?????


私は少し難しい家の育ちだったから

絵に描いたみたいに 普通に

普通でいいんだけど でも

絵に描いたみたいに 普通に

子供を “普通”に育てない親が大嫌いで


どうしても許せなくて








 第3話 



べつに

たった一回送り届けただけの知らない人


近所だったから ———で

寄るような仲ではないし

いいんだけど


他人のまま

1週間…

2週間…

3週間

…4週間

…5週間

…6週間…


あの人が住んでいるのは


10階





ん!?















= 第4話 =



まあ

そりゃそうか…

そりゃそうだ


大の大人が していいこと 悪いこと

わかってないわけは ないんだよな

ないんだけど


頭でわかってても

意味ないじゃんそれ

身にしみて

わかってないじゃん

まあ

でも 言われたくない気持ちは

わかる


あれでしょ

勉強やらなきゃって思ってるときに

勉強しなさいって言われると

むかつく


—————っていうやつだよね

あなたが言っているのは




「言われる前にやれよ」って話だけど


まあ わかりました あなたの言うことは



















= 第5話 =



というわけで始まった


サツキさんに

“子供好きで一緒にお母さんになってくれる いい彼女”

が見つかるまでの


ベビーシッターの

アルバイト…————

この続きをみるには

この続き:2,135文字/画像21枚

【1】「ママ母手帳」(上巻収録)

コミック無職

839円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたお金は、サポートを頂いた記事の制作予算に充てられます。(記事が読切や連載終了作の場合は、新作の予算や単行本の編集料に充てています。)

今日のあなたのラッキーナンバーは0123456789
226
noteは超不人気マンガ家(中村珍)が無職になったとき「自力でweb雑誌みたいなのやって描き続けよう」と思って始めました…が、存外にうまくいき、おかげ様で今は忙しいです。犬と、ゲームと、マンガ描くのが好きです。| https://ching.tv