見出し画像

『IPPON!』脱稿まで打ち合わせあと何本!?(7)|原作付きマンガ一緒につくろう計画


前回までの展開はこちらから

【重要なお知らせ】

内容に差し替えがありました。(2020/03/16)

2019年中に公開された本企画の中に、漏らしてしまったページと解説テキストが存在することに気がつきました。既に公開してしまった部分よりも手前にあたる部分なので、やむを得ず、本記事を含む、2020年1月〜3月にかけて更新された本企画(5)(6)|(7・本記事)の内容を差し替える形で、漏らしてしまった部分を収録しました。従来(5)〜(7)として公開していた部分は(8)〜(10)に置き換えて収録されています。ご不便お掛けいたしますが、ご容赦ください。(再編成にあたって購読料での損が読者の皆様に生じることはありません。)

リンク:(5)(6)|(7・本記事)|マガジン


今回の範囲の原作

手から離れる砲丸。スナップを利かせる手首。

吠えるアーヴィー。
ドッと沸くスタンド。

会場アナウンス「砲丸ピットにご注目ください。ただいまの投てきは、北関東大学医学部、花本選手。好記録が期待されます。結果は……」


*第0話の原作全体をおさらいしたい方は『(1)第0本(プロローグ)原作テキスト』で再読できます。

◆原作担当:朽木 誠一郎
◆ネーム/解説:中村珍

※この企画は、2018年までに原作者・朽木誠一郎さんが執筆した原作テキストを頂いて、作画担当・中村が、2019〜2020年にかけて、制作と並行しながら解説しています。


通しネーム(掲載済みの分)

初見ネーム-001

初見ネーム-002

初見ネーム-003

初見ネーム-004

初見ネーム-005

初見ネーム-006

初見ネーム-007

初見ネーム-008


今回追加されたネーム


初見ネーム-009

初見ネーム-010

初見ネーム-011


ここからネーム解説


手から離れる砲丸。スナップを利かせる手首。
吠えるアーヴィー。

 前回解説した最後のページで、(もしボールが既に手から離れている状況なら)グラウンドとアーヴィーくんとボールだけの世界になるように、みたいなことをお話ししたわけですが、もちろんここでハッキリと原作に、

手から離れる砲丸。

…と。
 手から砲丸が離れるのは(右手に持つ砲丸を思い切り突き出す。の次の)この段階でやっと明示されていることに気付いていないわけではないのです…。…ないのですが…、あそこでボールを放した瞬間を描いてしまう演出も捨て難かったので、ご提案としてああいうネームになっています。

 さて、今回分。このページは確実に手から離れている砲丸から1コマ目が始まります。

 1コマ目は前のページでボールを手から放っていても放つ前でも、どちらでも成立するアングルと瞬間にしてあります。
 ボールをいつ放ったかによって、ボールと手の距離(ボールと手を描く際のそれぞれのサイズ感)は変更になるかもしれませんが。

初見ネーム-009

 吠えるアーヴィーくん。

 こういう場面は顔をどこまで描くか悩むのですが、吠えるというのは幸い口元だけでも表現できる動作です。
 更に、このシーンの段階では、アーヴィーくんにとってこれがどんな大会なのか…という大事なことも分かりません。

 大事じゃない大会なんてないと思いますが、だとしてもデビューなのか引退を控えた最後の大会なのかで表情も違うはず。(この3ページ先に続くページに「半年前」とあったので、多分、大学生活初期の大会だとは思いますが…。) 
 その大会にその人物が何を懸けているのか、どんな目標で挑んでいるのかで描くべき表情も目つきも違います。目を見開くのか、瞑るのか、涙目なのか、血眼なのか。

 冒頭シーンの段階ではそれが明かされていないですし、アーヴィーくんがどんな人なのかも分かっていないので、この投擲直後のアーヴィーくんがどんな顔をしていたのかは改めて描くべきタイミングが訪れるのではないかなと思っています。
 ここではただ、吠えた、という描写に留めました。


ドッと沸くスタンド。

初見ネーム-010

 大学の陸上大会の観客規模を知らないのですが、想定より(今描いてあるネームより)多ければ、このままの構図で大丈夫だと思います。
 一方、このネームよりも少ない客席が大学陸上界の一般であれば、このネームに描かれているよりカメラを近づけて、人口密度上げる方法で沸いてる感じを出すことになります。

 カメラを引けば引くほど人口密度ではなく人数に頼る沸き方になりますし、東京ドーム満席みたいな凄まじい人数が必要になってしまうので(作画が大変という意味だけではなく、その競技の規模に合わない観客数になってしまうことがあるので)スポーツ漫画を初めて描く方はご注意ください。
 その競技に適切な観客数がどの程度かを調べてから作画に取り掛からず、モブより先に背景から描き始めてしまうと人口密度(=そのコマで演出できる熱狂や閑散)がコントロールできなくなります。

この続きをみるには

この続き: 1,544文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
買い切りの価格です。継続課金ではありません。

「絵は描けないけどマンガを作ってみたい」「マンガ原作の書き方は?」「原作を書いたら実際にどんな作業をするの?」「原作もらったけどどうしたら…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたお金は、サポートを頂いた記事の制作予算に充てられます。(記事が読切や連載終了作の場合は、新作の予算や単行本の編集料に充てています。)

すっ…スキだなんて…私もスキ…。シェアして頂けたら嬉しいです!
10
noteは超・不人気マンガ家(中村珍)が無職になったとき「自力でweb雑誌みたいなのやって描き続けよう」と思って始めました…が、存外にうまくいき、おかげ様で今は忙しいです。犬と、ゲームと、マンガ描くのが好きです。| https://ching.tv

こちらでもピックアップされています

原作付きマンガ一緒につくろう計画
原作付きマンガ一緒につくろう計画
  • 11本
  • ¥600

「絵は描けないけどマンガを作ってみたい」「マンガ原作の書き方は?」「原作を書いたら実際にどんな作業をするの?」「原作もらったけどどうしたらいいか分からない」…そんな分業希望のみなさんの疑問にお答えしつつ(…しつつ、原作付きかどうかを問わない基本的なマンガづくりの過程も含めて!)原作がマンガになっていく様子を丸ごと公開します!