増刊|コミック無責任&文芸たぶん

3
記事

ひとふで小説|レンガイケッコン(8)

これまでのお話:(第1話)〜(収録マガジン)

(8)

 階段を下っただけだというのに、管理人室に戻った頃には結構息が上がっている。殺虫スプレーの入った戸棚に手を伸ばそうと屈んだ時には、ちょっと圧迫されて、はあはあと息が漏れてしまった。
(はあ、あったあった、良かった)
 東之はスプレー缶をサッサッと上下に振って、中身の重さを確かめた。
(あるよね。良かった。ゴキブリ一匹やるぐらいなら充分かな。

もっとみる
ありがとうございます。また読みに来てね。シェアして頂けたら嬉しいです!
16

ひとふで小説|レンガイケッコン(7)

これまでのお話:(第1話)〜(収録マガジン)

(7)

「わぁ…!!!!…か、管理人さん…。ごめんなさい、居ると思ってなかったから、びっくりしちゃいました。こんにちは!」
 思わず驚いた声を上げてしまった非礼を蓮本が詫びると、東之は、
「いいええ。こんにちは」
 と柔らかく微笑みながら軽く会釈して、すぐにそのまま清掃作業に戻った。真面目だと思う。
(管理人さん、偉いな。私なら立ち話を始めてしまう

もっとみる
あなたの今日の運勢は大吉!!いいことあってね!
14

「会えない日と同じでしょ」(2)

■あらすじ

敦子、初めて会った日に宿題を押し付けた元気な先輩のこと。
美波、ポテトチップスを箸で食べていた死にたい友達のこと。
紀志重、気難しく優しく賢く美しい飄々とした女誑しのこと。

いまはもう居ない、そばに居た3人との年月を思い出しながら。私の切実な本当の時間が誰にも触れられないように、少しの嘘を混ぜながら。あの人たちの選んだ言葉や生き方が嘘にならないように、真実だけで固めた芯を通しながら

もっとみる
読んでくれただけじゃなくスキまで押してくれるのか!
43