増刊|コミック無責任&文芸たぶん

1
ノート

ひとふで小説|8-イェダラスカレイツァ:バルヴァリデ[VIII]

前章:[I]〜[収録マガジン]

VIII

 相棒たちの遺体が綺麗な骨となったのはちょうど陽の出の頃だった。
 優しくゆすり起こすと、半分寝惚けたままのシオはターレデの腰に抱きついて、幼児が口にする喃語のようなものを二、三呟いてから、はっ、としたように飛び起きた。
 ヴァンダレが居たことを思い出したのだ。それから、昨日起きた悪夢のようなこともすべて、現実として。

 ヴァンダレは、野宿を遂げたシ

もっとみる
あなたが思ってるよりスキやSNSシェアの効果って大きいのよ…。
13