増刊|コミック無責任&文芸たぶん

2
ノート

ひとふで小説|レンガイケッコン(7)

これまでのお話:(第1話)〜(収録マガジン)

(7)

「わぁ…!!!!…か、管理人さん…。ごめんなさい、居ると思ってなかったから、びっくりしちゃいました。こんにちは!」
 思わず驚いた声を上げてしまった非礼を蓮本が詫びると、東之は、
「いいええ。こんにちは」
 と柔らかく微笑みながら軽く会釈して、すぐにそのまま清掃作業に戻った。真面目だと思う。
(管理人さん、偉いな。私なら立ち話を始めてしまう

もっとみる

ひとふで小説|レンガイケッコン(5)

これまでのお話:(第1話)〜(収録マガジン)

(5)

 自分に対してさえ『恋外結婚』を明確に定義づけることはできていなかったが、とにかく蓮本は、どうにか東之と親しくなれないかを考え続けている。
 惰性で飲み続けた紅茶はもう三杯目、悩んでいる時の蓮本はいつもこうだった。1箱100杯299円。計算上は1杯約3円になるはずだが、同じティーバッグで淹れ続けたので紅茶の外箱に書かれた売り文句の計算は既に

もっとみる