増刊|コミック無責任&文芸たぶん

1
ノート

ひとふで小説|レンガイケッコン(8)

これまでのお話:(第1話)〜(収録マガジン)

(8)

 階段を下っただけだというのに、管理人室に戻った頃には結構息が上がっている。殺虫スプレーの入った戸棚に手を伸ばそうと屈んだ時には、ちょっと圧迫されて、はあはあと息が漏れてしまった。
(はあ、あったあった、良かった)
 東之はスプレー缶をサッサッと上下に振って、中身の重さを確かめた。
(あるよね。良かった。ゴキブリ一匹やるぐらいなら充分かな。

もっとみる
ありがとう、これでまた頑張れます。シェアして頂けたら嬉しいです!
12