増刊|コミック無責任&文芸たぶん

53
ひとふで小説|レンガイケッコン(1)

ひとふで小説|レンガイケッコン(1)

(1) 「恋愛を結婚と繋げよう、というのがそもそも無理があるんじゃないかと思ったんですよね」  壇上で話す女性は、気位の高そうな仕立てのいいジャケットを、しゃきっと着こなしている。羽織っている、でもないし、着ている、でもない。しゃきっと着こなしている。  柔らかな髪が肩にもたれながら胸元に落ち、鎖骨のところどころを隠していた。時折体勢を変えると、そのたび首元のネックレスが照明にキラキラと反射する。  前職は自動車整備士だったと著者プロフィールには書かれていた。自身の恋愛体験

スキ
52