増刊|コミック無責任&文芸たぶん

53
ひとふで小説|レンガイケッコン(2)

ひとふで小説|レンガイケッコン(2)

これまでのお話:(1) (2)  いつもどおりに会釈して通過すると思った相手が管理人室の小窓に近づいてきたのは、会釈だけの関係が四ヶ月ほど続いたある昼下がりだった。抹茶色の紙袋を持って近づいてきた蓮本は、 「あのー…、和菓子、お好きですか…。餡子なんですけど…」 と、紙袋を持った左手を心臓あたりの高さに擡げて苦味のある笑顔で軽く頭を下げた。あいにく餡子が苦手な東之は、あー…と言いながら少しの間、逡巡して、 「き、嫌い…なん…です…」 と、軽く頭を下げ返した。  餡子好きに

32
ひとふで小説|1-イェダラスカレイツァ:バルヴァリデ[I]

ひとふで小説|1-イェダラスカレイツァ:バルヴァリデ[I]

I  大巌猫と山耳犬を従えて育った女児が、明らかに「剣を」と決めたのは、相棒を人魔に斃された夕刻。己の剣で初めて触れたのは幾度も幾度も撫でた可愛い可愛い相棒の毛で、初めて斬ったものは可愛い可愛い相棒の皮と肉だった。人魔や魔物の牙や爪は生命を狂わせるはたらきをもっていた。傷口から湧いた魔虫は遺体を蝕み、死者に二度目の命を与える。こんどは、魔族としての。  だから、愛する者を魔物に襲われて亡くした人々は汗と涙にまみれながら亡骸を解体して、早急に焼き払う必要があった。悼む間も無く

15
犬の一生(1)

犬の一生(1)

第1ワン「犬好き専用昔話」 次のおはなし ■このシリーズが含まれているマガジン

28