増刊|コミック無責任&文芸たぶん

53

「会えない日と同じでしょ」(1)

■あらすじ いまはもう居ない 少女との年月を思い出しながら。 私の切実な本当の時間が誰にも触れられないように、少しの嘘を混ぜながら。 あの子たちの選んだ言葉や生き方が嘘にならないように、真実だけで固めた芯を通しながら。 覚えていることを忘れないように綴っておくノート。 敦子、初めて…

639