仕事や創作の話題|ひとり出版生活|note生活

22

「原稿料」より「読者」のほうが人間的な暮らしをさせてくれた - [note生活|営業□報]

■トピックス

《2ヶ月ちょっとで売上100万円を超えた》
・noteにおける私の実働は毎月平均10日間
・出版社が養わなければならないのは関係者全員
・個人出版じゃ印税が出ないじゃないか!(2015/3/8)
《noteだけで充分生活費を得た感想》
・補足1:マンガ以外のコンテンツのこと
・補足2:制作に必要な日数のこと(2015/3/8)
《note連載を電子で単行本化した》(2018/7/4

もっとみる
ありがとう、これでまた頑張れます。シェアして頂けたら嬉しいです!
20

原稿料気にしてたら原稿料なくても死なない漫画家になってた - [note生活|営業□報]

■トピックス

*「“漫画家の原稿料は安い”みたいな話をしていたクセに、なんで1円も原稿料が出ないnoteで連載できるの?」という質問に対する回答です。

《お金は汚くない対価だとハッキリさせたい》(2015/2/18)
《3年前の理想が本当に叶っている》
《一番大きい利益は権利》(2018/7/5)

■このシリーズの概要

もともとは「他人が努力して蓄えた情報を無料で聞くわけには!」「質問に答

もっとみる
私も私の作ったものをスキって思ってくれる人好きよ。
5

まずはnoteとKDPで始めた。おかげさまで食えてます - [note生活|営業□報]

■トピックス

《なんでnoteが良かったのか。本当にnoteで良かったのか。》
・noteの長所
・noteで展開する上での弱点
・プロがやる上での弱点
・アマチュアがやる上での弱点(2015/2/18)
・追記:ごめんなさい…(2015/4/14)
《KindleDirectPublishingに進出することにした》
・noteと比べてKDPの強さは圧倒的なユーザー数(2016/5/31)

もっとみる
読んでくれただけじゃなくスキまで押してくれるのか!
9

「これからどうしよう(1)」不人気漫画家無職譚

■エッセイのあらすじ

2014年末『コミック無職』としてnoteアカウントの運用を始めた頃の、“業界から要らなくなった漫画家”…に…華麗な転身を遂げてしまった…私の地味な再起までの雑記。

「鳴かず飛ばず、しかし失業するほどでもない」というラインをどうにか保ち続けてきた、ギリギリの漫画家・中村珍。デビュー10周年を目前にした2014年秋、契約回数の満了や不人気作の打ち切りが続き、すべての定期連載

もっとみる
すっ…スキだなんて…私もスキ…。シェアして頂けたら嬉しいです!
176

「これからどうしよう(2)」不人気漫画家無職譚

■これまでのおはなし

無職になった不人気漫画家があれこれ考えた末にnoteで自分の雑誌を作ろうと試行錯誤するも、早速この試行錯誤レポート『これからどうしよう』が不人気で打ち切りになるのであった…。

バックナンバー:1話〜3話はこちら。

■更新履歴

・第4話 2015/4/12 
・第5話 2015/5/12
・最終話 2015/6/10

■かんたんなご案内

*この連載は、この記事で完結

もっとみる
読んでくれただけじゃなくスキまで押してくれるのか!
59