どうせすぐ流れてく -日記帳

2
ノート

ももたろうと最低限の合意形成

昔話『桃太郎』を下敷きとして、私の作風と《私の家族やパートナーたちが普段から、私に対して取ってくれる合意や確認や説明の姿勢》を踏襲し、戯れにリライトしたものです。

私は基本的に犬が大好きです。犬が出てくるたびにフワフワした、あるいはゴワゴワした犬の毛の質感を思い出して頂けたらそれだけで嬉しいです。

『桃太郎』

むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんがいました。

ふたりは自分と違う

もっとみる
ありがとうございます。また読みに来てね。シェアして頂けたら嬉しいです!
30

とりとめのない話と、かちかち山の考察を聞いて欲しい。

歌声はそこまでではないが、
話す声が嫌いだ。
気持ち悪いから。

雑踏にまぎれた大衆の声のことじゃない、ファミレスで聞こえてくる世間話のことじゃない、ほかでもない。私は私の声が大嫌いだ。

アニメみたい!と、よく笑われた。褒められたこともあったはずだが、そんなの私には関係なかった。私は私の声が嫌いだから、笑われた事実のほうが、ずっと重かった。

もっとみる
今日のあなたのラッキーナンバーは0123456789
36