どうせすぐ流れてく -日記帳

1
ノート

「これからどうしよう(1)」不人気漫画家無職譚

■エッセイのあらすじ

2014年末『コミック無職』としてnoteアカウントの運用を始めた頃の、“業界から要らなくなった漫画家”…に…華麗な転身を遂げてしまった…私の地味な再起までの雑記。

「鳴かず飛ばず、しかし失業するほどでもない」というラインをどうにか保ち続けてきた、ギリギリの漫画家・中村珍。デビュー10周年を目前にした2014年秋、契約回数の満了や不人気作の打ち切りが続き、すべての定期連載

もっとみる
ありがとう、これでまた頑張れます。シェアして頂けたら嬉しいです!
168