コミック無職

noteは超不人気マンガ家(中村珍)が無職になったとき「自力でweb雑誌みたいなのやって描き続けよう」と思って始めました…が、存外にうまくいき、おかげ様で今は忙しいです。犬と、ゲームと、マンガ描くのが好きです。| https://ching.tv

「原稿料」より「読者」のほうが人間的な暮らしをさせてくれた - [note生活|営業□報]

■トピックス 《2ヶ月ちょっとで売上100万円を超えた》 ・noteにおける私の実働は毎月平均10日間 ・出版社が養わなければならないのは関係者全員 ・個人出版じゃ印税が出...

555